switch新作RPG『鬼ノ哭ク邦』のデモプレイしての感想

Steamおすすめゲーム
スポンサーリンク

2019年8月22日にSteam、switch、PS4で発売の『鬼ノ哭ク邦』をデモプレイをさらっとプレイしたので感想をまとめます。ファーストコンタクトは「鬼ビ人」とか「迷ビ人」とか「鬼ノ哭ク邦」とか、漢字の使い方がオサレすぎて読めない。

スポンサーリンク

迷える死者を導く「逝ク人守リ」

輪廻転生によって命が繁栄した世界・・・で悲しむと死者が輪廻転生するの迷っちゃうからダメよ!迷っちゃった死者「迷ビ人」になった人たちを救済する「逝ク人守リ」が主人公よ!ってストーリー。

軽ーくしかストーリー見てないのでわからないですが、主人公がやさぐれてる感じで好きでしたね。幼馴染の女の子のほうがよっぽど主人公よ。

マユラさんのほうが主人公感つおい
スポンサーリンク

ハクスラに近いアクションRPG

鬼ノ哭ク邦をプレイして「テイルズオブシリーズかな?」と戦闘中に思った。「テイルズオブシリーズをハクスラとか2DのMMOとかにしたらこんななんだろなー」とちょっとワクワクする戦闘でした。

鬼ノ哭ク邦では「鬼ビ人」を憑依させて戦い、「鬼ビ人」によって武器やアクションが変わります。特にアクションが変わるのが面白く、「ジャンプ」だったり「ダッシュ」だったりが鬼ビ人によって変わるので敵によって変える戦略性を楽しめる。

スポンサーリンク

これまたハクスラっぽい成長要素

レベルアップでの主人公の成長のほかに、鬼ビ人を使い続けるともらえるポイント「○○の鬼魂」を使用することで、その鬼ビ人の技などが取得できます。これを「技奥樹ぎおうじゅ」と言うんですが、スフィア盤に私は見えます。

この技奥樹を埋めていくと鬼ビ人のランクがあがり、ステータスなどがあがります。

スポンサーリンク

謎解き感のある2つの世界

鬼ノ哭ク邦では、「現シ世」と「幽リ世」という2つの世界があります。ちなみに読み方はまったくわかりません。

この2つの世界では行けるところが異なったり、できることができないことなどが違います。サイレントヒルを知ってる人なら受け入れやすいかもしれません。

幽リ世では、五感が遮断されていて真っ暗な状態で敵から攻撃を受けたら一発で撃沈します。現シ世にいる「想イ主」を倒すことで、探索が可能になるので先に現シ世で想イ主を倒すことが必要です。

想イ主倒しても、別の想イ主倒さないと行けないこともある
スポンサーリンク

デモプレイをプレイしての感想

デモ版だけプレイしてみて戦闘と世界感が楽しいなと思いました。成長要素もハクスラっぽい感じがドツボですし、今回紹介してないですが、武器強化などもあるので楽しめる作品かと思います。

あと気になる事といえば、やりこみ要素、ゲームボリュームくらいですかね。

あとストーリーが暗めな感じなのと、泣かせに来そうな雰囲気だったのでそこも期待してます。

でぅ
でぅ

発売日が誕生日だし、でぅは買おうと思うよ。

スポンサーリンク

まとめ

  • テイルズオブシリーズを見下ろし2DMMOとかハクスラにしたっぽい戦闘
  • ストーリーは泣かせに来そうな雰囲気
  • 鬼ビ人を切り替えて戦い、鬼ビ人によって「ジャンプ」や「ダッシュ」などのアクションがある
  • ゲームボリュームだけ気になる
でぅ
でぅ

本日8月21日まで、あらかじめ割り引きをSteam、switch、PS4でしてるので気になる方は早期購入をおすすめするよ!

ONINAKI on Steam
The all-new Action-RPG, ONINAKI tells the story of one Watcher on a journey to protect Life, after Death.

コメント